実は!LusTer(ラスター)はひざ下の黒ずみ部分以外にも使える。

LusTer(ラスター)はひざ下の黒ずみや色素沈着に効果がある製品。肌のターンオーバーを促して、メラニンを撃退するのが特徴です。こうした作用はひざ下のみならず、体のあらゆる部分に使えるのが特徴なのです。それが、LusTer(ラスター)の魅力ではないでしょうか。

 

・LusTer(ラスター)が使える部分
LusTer(ラスター)はひざ下の黒ずみや色素沈着に効果を及ぼす製品として知られています。雑誌などでも取り上げられており、多くの女性のコンプレックスを解消しています。ただし、こうした効果はひざ下以外の部分にも使うことができます。

 

肘やヒップ周りなど、知らないうちに肌ストレスを受けている部分はたくさんあります。そこが黒ずんでしまったり、色素沈着が起こっていることがあるはず。そこへLusTer(ラスター)を塗り込むことで、肌の美しさをアップさせられます。

 

・LusTer(ラスター)は全身に使える製品
LusTer(ラスター)は全身の至るところに使える製品です。敏感肌の方でも低刺激性の天然成分で構成されていますから、安心して使用することができるでしょう。

 

紫外線の影響で起こる肌の黒ずみはもちろん、肌ストレスによって皮膚が防御する働きを起こすことでメラニン色素が増加するため、日常生活の刺激が黒ずみの原因として考えられます。気になる部分はLusTer(ラスター)を使用するだけで、肌の生まれ変わりを促して、使い続けるごとに綺麗な肌が手に入るでしょう。

 

・惜しみなく気になる部分へ使うべき
LusTer(ラスター)は気になる部分に惜しみなく使用するべきです。500円玉くらいのセラムで、足全体に広げられるほど伸びが良いのも特徴です。

日本人は身体のどこが黒ずみやすいの?

日本人の体の中で、黒ずみやすい部分は伸縮に関わるところです。皮膚の乾燥しやすいところと、露出が多いところは、どうしてもメラニンの生成が活発になります。紫外線にさらされるひじやひざは、どんな方でも黒ずみになりやすいのです。

 

・露出が黒ずみに関わる理由
メラニンの生成が行われるプロセスは、紫外線が関係します。ですから、露出が多いところは、どうしても黒ずみになりやすい状況が生まれてしまいます。また、汗腺が存在しないひじやひざは、メラニン色素の蓄積から黒ずみへの発展が早いです。
ひじやひざは、女性であればファッショナブルに見せるために露出される部分です。夏場はもちろん、季節を問わずに美しく見せる場合には露出しなければならないと感じている方も多いでしょう。

 

・紫外線対策を行っても追いつかない
一般的な製品を使用して紫外線対策を行ったとしても、メラニンの防御が追い付かないという方は少なくありません。だからこそ、黒ずみができてしまうのです。肌のターンオーバーの周期が長くなってしまうと、その分メラニンの蓄積が進みます。
LusTer(ラスター)であれば、紫外線対策に特化しており、肌の質感を向上させるエッセンスがたくさん入っていますから、日常的なケアで十分なくらいの肌対策が行えます。

 

日本人はひじやひざなど、汗腺がなく露出にさらされる部分の黒ずみが目立ちます。その対策をきちんと行っていなければ、肌のターンオーバーが緩やかになる方ほど、黒ずみしやすい状況が生まれてしまうのです。